治験コーディネーターの認定資格 - 種類と内容について

治験コーディネーター → 治験コーディネーターのための認定資格とは?

治験コーディネーターのための認定資格とは?

治験コーディネーターになるために何か資格が必要なのではないかと思っている人も多いようですが、薬剤師求人高給パットンを読んでもらえばお分かりの通り、実際はそのようなことはありません。SMO企業に就職し、治験コーディネーターとしての研修を受ければ、とくに資格を必要とせずに働くことができます。
助産師求人サイトで年収はどれくらい変わる?

ですが、CRCに関する主催する団体が異なる資格がいくつか存在します。最近ではSMO企業にいる人がこれらの資格を取ることを奨励されることも多いようです。企業によってはこの資格を取ることが必須とされることもありますから、取得しておいて損はないでしょう。

資格を主催する団体としては、日本SMO協会・日本臨床薬理学会・臨床開発支援ネットワーク(SMONA)などがあります。

まず日本SMO協会の資格について説明します。この資格は受験資格が定められています。それは日本SMO協会が定める研修を修了していることと、2年以上の実務経験があることです。資格は5年ごとに更新が必要となっています。

受験日は年に1回で、受験するのに1万円の受験料がかかります。ただし、5年たってから公認CRC更新試験を受験すれば、この更新は不要になります。またCRCの研修会に参加して規定のポイントを取得した場合も、更新が不要になります。

次に日本臨床薬理学会の資格です。これも受験資格があり、CRCとしての実務経験が2年以上あること、その活動実績を所属長や参加したチームの医師が証明できること、学会指定の会議に参加していることを満たしていることです。この資格も5年ごとの更新になります。研修を受けて、100点以上を取得することが更新の条件となります。

臨床開発支援ネットワーク(SMONA)が主催する資格は、SMONAの基礎講習を受講し、SMONA各社が実施する研修を修了したうえで認定試験に合格すると取得することができます。

最後にSoCRAという米国企業の日本支部が主催する認定資格があります。SoCRAというのは臨床研究の専門職用の教育プログラムや情報を提供する企業です。最近外国でSoCRAの認定資格を取得していることをアピールする企業も出てきたため、注目されるようになりました。

男性看護師のニーズ

今は大きな病院だと男性の看護師を見かけるのも当たり前になってきました。外来ではほとんど見かけることはありませんが、病棟やICUなどでは多くの男性看護師が働いています。

タイトルに「男性看護師のニーズ」とありますが、現に、どこで見かけるかによって「そこでのニーズが有るんだ」ということはうかがい知ることができます。まず、動けない患者さんの体位変換やトイレ介助、車いすへの移動などは患者さんも看護師も負担が少ないような方法を学びます。しかし、力では男性の方が優っています。

ということは、力が必要なところでは、男性のほうが良いということになり、術後、または自身で動けない患者さんがいるICUなどでは男性看護師のほうが仕事的に楽になるということです。術後の対策、またはその患者さんの不穏な行動では、男性が適任ということだってあります。

力の問題では他にもあります。それは「精神科」です。見た目、体は元気ですし、入院されている患者さんの力が強く出ることもあることから、女性看護師では対応できないことがあるのです。怪我をするリスクだって想定できることです。

男性看護師が唯一入れない場所としては、産婦人科かもしれません。全ての患者さんが女性であること、母乳マッサージの指導があること、出産や検診、子宮や卵巣の病気の方が通院、あるいは入院されるため、女性患者さんからの抵抗があるからです。

男性看護師のニーズをまとめてみたいと思いますが、まずは女性特有の病気に対する診療科以外ということになります。逆にいうと、男性患者さんへの対応スムーズである、患者さんも相談しやすいということです。

ただ、男性の場合、一家の大黒柱となることがあるため、日勤のみの外来では生活が厳しいこともあり、夜勤は当たり前、体力も使う診療科への転職希望をされる傾向にあります。家庭を持った女性看護師が一時期避ける配属先でも、男性看護師ならニーズがあると言ってもいいでしょう。